白髪染めシャンプーの色落ち早い!色が入らない?真相はどうなの?

白髪染めシャンプーを初めて使う前に知っておきたいこと

白髪染めシャンプー

ヘアカラーによる髪のダメージ、アレルギー性皮膚接触炎などの理由から、「白髪染めシャンプー」を使う人が増えています。

 

しかし、白髪染めシャンプー未経験者の中には、1度では染まらない、色落ちが早いのでは?と心配する声も。
その辺について調べてみると・・

  • 白髪染めシャンプーは汗や水で色落ちするって本当?
  • 白髪染めトリートメントとの違いは?
  • 白髪染めシャンプーは染まりにくいと聞きましたが・・・

上記の4つが、白髪染めシャンプーを試してみようと考えている方から多く寄せられる質問です。

汗や水での色落ちは、ほとんどありません

まずは「色落ち」について。これは、使用者からデメリットとして挙げられることはありません。シャンプーなので、1度で化学物質で髪の色素を分解・脱色して染料を入れて長く定着させる2剤式のヘアカラーとは違い、ほぼ毎日使います。使用をストップしない限りは色落ちすることがないのです。

 

市販の2剤式ヘアカラー(酸化染毛剤)は永久染毛剤と呼ばれ、しっかり染まり長持ちします。しかし、洗浄力の強いシャンプーを使ったり紫外線を頻繁に浴びたりすれば、かなり短期間で色あせてしまいます。

 

白髪染めシャンプー(カラーシャンプー)は色落ちが早い、と心配している人は、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを混同しているのではないでしょうか?
色落ちする、といわれるのはトリートメントタイプのものです。
では、2の、シャンプータイプとトリートメントタイプの違いは、以下のとおりです。

 

白髪染め用のトリートメントタイプとの違いを紹介します!

「白髪染めシャンプー」の特長

  • 髪の組織を破壊することなく、シャンプーするだけで染められる
  • 数日〜十数日かけて徐々に染まるから、こっそり染められる

 

 

「白髪染めトリートメント」の特長(シャンプータイプとの違い)

  • 1度でも深く色が付く
  • 乾いた髪にも使用できるので、浴室でも部屋でも使える
  • 1週間に1度ぐらいでいいので経済的

 

シャンプータイプもトリートメントタイプも、徐々に髪の表面に色を着けていくという点は同じですが、カラートリートメントを使った翌朝、枕カバーに色移りした、という体験談もあります。しかし、カラートリートメントの種類によって、全くそうでないのもあります。実際に使うときは、口コミなどをチェックしてから、選ぶようにすればいいでしょう。カラーシャンプーよりも早くしっかり染まりますが、それでもトリートメントタイプは、1-2週間ほどで色落ちするので、週に1回使用するような頻度になるでしょう。シャンプータイプは毎日使うので、トリートメントタイプのほうが負担少ないですね。

 

仕上がり・色持ちより安全性を重視したい方におすすめ

最後に、「染まりにくいのでは?」という質問についてですが、結論から言うと、YESです。

 

1度で希望の色に染められて、色も長持ちする2剤式のヘアカラーと同じような仕上がりは期待できません。白髪だとわからないくらい染まるまでには、ある程度の回数が必要ですし、思っていたような色にならないこともあります。

 

しかし、2剤式のヘアカラー剤には頭皮に悪影響を及ぼす成分が含まれています。

 

1剤に含まれる、発色をよくする「ジアミン」はアレルギー症状を引き起こす危険な成分です。2剤に含まれる「過酸化水素水」は非常に刺激が強く、ヘアカラー中に頭皮がヒリヒリする原因です。

 

髪のダメージがひどい、ヘアカラー剤でかぶれたことがある、といったトラブルがある人、そして、そのようなトラブルを避けたい人は、どちらを選ぶべきかは明らかですね。

 

美容室で行なうヘアカラーや市販の2剤式のヘアカラー剤に含まれる物質が、頭皮に悪い影響を及ぼすことは、ほとんどの消費者が知るところです。安全・手軽にできる白髪染めの方法として、「白髪染めシャンプー」が注目されています。

 

仕上がりや色の持ちは、2剤式のヘアカラーには及びませんが、髪に悪影響を及ぼす成分が入っていないので安心して使うことができます。いつものシャンプーに替えて使うだけ、という手軽さも嬉しいですね。

 

頭皮が健康でなければ、美しい髪はキープできません。時間はかかっても、白髪が染まればいいというのであれば、白髪染めシャンプーがおすすめです。