ヘアカラー(毛染め)でアレルギーになる?症状と原因は?

ヘアカラーやりすぎに注意!

白髪隠しはもちろん、手軽にイメージチェンジができるヘアカラー(毛染め)は女性にとってファッションのひとつです。でも、値段の安さや色だけでヘアカラーを選ぶのはとても危。険髪を傷めるだけなく、ひどいアレルギー症状を引き起こすことがあるのです。

 

  • 発色・色持ちの良さとリスクは正比例!ヘアカラー(毛染め)の基礎知識
  • 「かぶれ」では済まないことも!? アレルギーの具体的な症状
  • ヘアカラー(毛染め)をやってはいけない人

 

ヘアカラー経験者も未経験者も、知っておいてほしいのが上記の3項目です。自分に合ったものを正しく選んで「安全に」髪のおしゃれを楽しみましょう。

たくさんあるけれど何を選べばいい?知っておきたいメリット・デメリット

「カラーリング剤」は、大きく「医薬部外品(染毛剤)」と「化粧品(染毛料)」の2種に分類されます。医薬部外品(染毛剤)は、一般的に「ヘアカラー、白髪染め、ヘアダイ、おしゃれ染め」と呼ばれているものですが、これにも「酸化染毛剤」と「非酸化染毛剤」の2タイプがあります。

医薬部外品/酸化染毛剤

一度でしっかり染まる、色のバリエーションも豊富、長持ちする、などの特長から幅広い年齢層の方に使用されています。しかし一方で、髪や頭皮に与える負担も大きく、かぶれやただれなどの皮膚障害を引き起こしやすいというリスクも伴います。

 

医薬部外品/非酸化染毛剤

非酸化染毛剤は、別名「お歯黒式毛染め」と呼ばれるもので、酸化染毛剤に含まれるジアミンという化学物質が入っていないため髪には優しいのですが、黒っぽい色にしか染まらず独特な硫黄臭を放つため、若年層には敬遠されがちです。

 

化粧品(染毛料)

一般的にヘアマニキュア、カラーリンス、カラートリートメント等と呼ばれているもので、髪の傷みが気になる人、一般の酸化染毛剤でかぶれてしまった人などに選ばれています。ヘアマニキュアは、酸化染毛剤のヘアカラーに比べると色の持ちが悪く、カラーリンスやトリートメントは使い続けることで徐々に色を付けていくため、即効性は弱いけど製品によっては染まりやすいものもあるので、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。

 

ヘアカラー(毛染め)で引き起こすアレルギー症状って?

ヘアカラー(毛染め)用商品の中でも、アレルギー症状を引き起こしやすいのは「酸化染毛剤」であるということがわかりました。では、具体的にどんな症状が現れるのでしょうか?

 

皮膚炎症状(かぶれ)

ヘアカラーの液材が接触した部分に、かゆみ、赤み、腫れ、発疹、水泡などの症状が現れることです。主に、頭皮、髪の生え際、額や首筋などのヘアカラー薬液が直接触れる部分に現れますが、症状がひどくなるとまぶたや顔全体が腫れあがってしまうことも!

 

アナフィラキシー症状

喉の激しい痛み、咳、呼吸困難などの、いわゆるショック症状です。
まさか!ヘアカラーぐらいで?と思われるかもしれませんが、実例は少なくないのです。

 

これらの恐ろしいアレルギー症状を引き起こす原因は、酸化染毛剤の主成分「パラフェニレンジアミン」という化学物質である、ということがわかっています。含有率を変えることで発色が変わるため、多くの染毛剤に含まれています。

こんな人は、ぜったいにヘアカラー(酸化染毛剤)を使わないで

特に次のような人は、上記のようなアレルギー症状を引き起こす危険性が高いので、酸化染毛剤を使ってはいけません。

 

・これまでに、一度でもヘアカラー(毛染め)でかぶれたことがある人
 ※この場合、パッチテストもやってはいけません
・パッチテストでアレルギー症状が出た人
・病中・病後、妊娠中など、皮膚が敏感な状態の人

 

 

アレルギー症状を引き起こす化学物質を含むヘアカラー(酸化染毛剤)は、使用しないに越したことありません。危険性を知ったうえで酸化染毛剤を使う場合は、美容室で行なうようにしましょう。美容師さんには、危険な製剤でも安全に使う技術があるからです。

 

自宅で、セルフ毛染めを行なう場合は、できればヘアマニキュアやカラートリートメントで代用することをおすすめします。「好みの色に染めたい」などの理由で、どうしても酸化染毛剤を使う場合は、必ずパッチテストを行いましょう。これまで問題なく使えていたヘアカラー剤であっても、です。繰り返し使うことでアレルギー反応が徐々に強くなり、あるとき突然発症するということもあるからです。